土井の田舎草もち・富士山さぶれなど伊豆・箱根・富士など静岡県の郷土銘菓を製造販売。郷土菓子の開発・試作・販売は静岡県土井製菓まで。
先輩の声

リクルートリクルート情報先輩の声大竹さん、望月さん土屋さん斉藤さんエントリーフォーム

土井製菓の柱となるお菓子作りに携わりたい(大竹さん)、自分自身がレベルアップできる職場です(望月さん)

土井製菓の名物お菓子「土井の田舎草もち」をはじめ、「焼き饅頭」や「ショコラケーキ」などの製造に携わっている、製造部の大竹さん。一方、営業部の望月さんは、取引先のお客さまを周るルート営業や、商品の売り込み、売り上げの拡販、たまに飛び込み営業も行っています。

土井製菓への入社のきっかけ

大竹さん

大竹 … 大学卒業して就職活動をしていたんですが、食品関係がいいなと思って探していたときに、たまたま行った合同ガイダンスに土井製菓が来てたんです。説明を聞いてみたら、お菓子作りってちょっとおもしろそうだなと思ってエントリーしたのが最初です。

現在の仕事は、ビスケットやまんじゅうの生地を仕込んで機械で成形しています。だいたい1日で担当するラインは決まってますが、曜日で変わったりしますので、いろんなお菓子の製造に携わっています。

望月さん

望月 … 私は、大学生のとき“営業職”に挑戦したいと考えていたんですが、インターネットで土井製菓のこの「先輩の声」を見つけまして、興味が沸いたので問い合わせたんです。そしたら、ちょうどその先輩と体験営業に行かせてもらえることになったんですけど、この方が気さくで明るくて楽しい方で。取引先のお客さまとも信頼関係がある良い関係で、「心の底から仕事を楽しんでいるなぁ」って、すごい魅力を感じたんです。

今の仕事は、ルート営業で取引先さまを訪ねて、伊東・熱海・小田原などを周っています。そして売り上げアップの相談にのったり商品の売り込み、拡販をしたり、上司と一緒に新規開拓で飛び込み営業をすることもあります。

―土井製菓さんってこの辺りではすごく有名なので、営業しやすいのでは?

そうですね。名前はだいたい知っていただいてますので、その点ではやりやすいですね。

 

職場の雰囲気

大竹さん

大竹 … 仕事中に雑談はそんなにしないですが、お互いにコミュニケーションをとって助け合っていますので雰囲気はいいと思います。

―入社16年目ということは、後輩の方とのやりとりが多いですよね、皆さんは仲良しですか?

それがですね、僕は下から二番目なんですよ。

製造部は男性社員が少ないです。繁忙期は本当に忙しくて、早出や残業もあるんですけど、その時期に新しい人が入社されると申し訳ないなぁって思いますね。繁忙期以外なら、仕事も丁寧に教えてあげられるのでいいんですけど、入社のタイミングは計れませんからね。

望月 … 私は、基本的には営業に出るのは一人なんですが、楽しい職場です。わからないことがあれば、先輩や上司も丁寧に、時には厳しいですが、いろいろ教えてくれます。

望月さん

営業先で、当社の商品を置かせてもらえないときは悩みますが、上司や先輩に相談すると、必ず解決策が出るんですよ。まずは自分なりに考えてやってみて、ダメだったときは上司や先輩が助けてくれるので心強いです。

―営業するためには、商品に詳しくないといけないですよね。長くお付き合いのあるお客さんは、望月さんよりも詳しかったりするのでは?

そうなんですよ!かなわないです。私には、原料とかの知識はないんですけど、だいたいのことは頭に入れましたし、土井製菓の商品は全部食べました。

先輩から引き継ぐ形が多いので、前任の方以上に喜んでもらえるように頑張らないといけないので大変です。ありがたいことに、私は結構かわいがってもらっています(笑)。

 

仕事のおもしろさ・やりがい

望月さん

大竹 … 旅行に行った先では、仕事柄お土産をよく見ますけど、そこで自分が作った土井製菓の商品が売られてるのを見ると嬉しいですね。お客さんが手にとって買っているのを見たときは、「やってて良かったなぁ」って思います。

望月 … 私もお客さんが買ってるのを見るとすごく嬉しいです。取引先や土産物売り場に土井製菓の商品が増えると嬉しいです。他には、営業は販売目標がありますので、達成した時はやはり達成感とかやりがいを感じます。

あと、取引先のお客さんとは仕事以外の話もするんですけど、そういう世間話とか冗談もコミュニケーションがとれて結構楽しいです。

大竹さん

―他にも何かありますか?

大竹 … 僕だけかもしれないですけど、お菓子の生地を作る時に、ただ配合どおりに入れるのではなくて、「これは何のために使うんだろう」っていうのを考えたり調べたりするのですが楽しいですね。

意味がわかると仕事がおもしろくなります。

 

 

仕事に対する私のこだわり

大竹 … 食品なので衛生面には気をつけています。何かを触ったらすぐにアルコールで消毒するとか、手袋を替えるとか、そういうところは気をつけてやっています。僕は味見もしますし、うちのお菓子は食べても安心だって言い切れるものばかりですので、形が崩れたものとか切れ端なんかはみんなも食べていますよ。ISOの基準もクリアしています。

望月 … 私は社内コミュニケーションを大切にしています。社内コミュニケーションができれば、外に行ってもお客さまとコミュニケーションができると思っているので。

望月さん

―社内コミュニケーション?

はい。今日あったできごとを上司に必ず報告していますし、会議で情報共有をしています。それ以外でも、わからないこととか、仕事以外の話でも、いろんな人と話すように心掛けています。

あとは、配送しながらコミュニケーションを取るのはなかなか大変ですが、少しでもお客さんと話せる時間をつくるようにしています。

大竹 … 僕も週に1回会議に参加しています。営業の役職者の方と、製造の係長や工場長が参加して、それぞれの立場で意見交換をするんです。営業からは「これを作ってください」っていう要望が多くて、製造からは「作るからもっと売ってください」っていうような感じで、それぞれ折り合いをつけるために会議をしています。

 

今後の目標

大竹さん

大竹 … 今は草もちが一番メインの商品なんですけど、最近は和菓子よりも洋菓子の方が人気があるようなので、「土井製菓と言ったらコレだ!」っていう、当社の柱となる新しいお菓子作りに携われたらなと思っています。

望月 … 私は、自分が周ってるエリアに当社の商品をもっともっと置いていただいて、売上アップを目指していきたいです。そうして消費者の方から、「あの商品はおいしいから、あれ買ってきて」とか「お土産といえば土井製菓」って言われるように拡販していきたいです。

 

応募者へのメッセージ

大竹 … 当社は、早出や残業もありますけど、その分やりがいがありますし、お菓子を作ってるっていう実感も得られる仕事です。いきなり繁忙期からスタートの場合は、くじけそうになるかもしれませんが、ずっとではないので安心してください。お菓子を作るのが好きな人とは、是非一緒に仕事をしたいですね。

望月 … ひとことで言えば、楽しい職場です。いろんな情報交換もできますし、自分自身がレベルアップできる職場だと思います。

―おすすめのお菓子はありますか?

大竹 … 今僕が担当している「ショコラケーキ」っていうお菓子ですが、作るのに結構手間がかかるんですよ。その分美味しいのでおすすめです。

望月 … 私は「富士の白雪」です。カスタードケーキなんですけど、下がキャラメル生地になっていて、新感覚のお菓子なんですが、おいしいです。

―あ!「富士の白雪」は最近食べました。自分用に買いたいくらいすごく好きです!

大竹 … 最近作ったお菓子ですよね。結構人気がありますね。

望月 … そうです!昨年(平成23年)の12月からです。

大竹 … あれは、ミルクも中のクリームも朝霧牛乳を使って作っているこだわりのお菓子ですからね。社内でも人気がありますし、本当においしいですよ。

―ありがとうございました。

このページのトップへ